児童教育について

教育委員会とは、日本の地方自治体において教育に関する事務的な事項をつかさどっている行政委員会のことを指します。教育委員会は、各都道府県と各市町村に設置され、標準の委員の数は5名と決められています。

 

教育委員会は、学校において生徒の入学や教員の採用、学校の管理運営などに指導や助言を与える存在です。ただし、私立の学校や高等専門学校、大学には教育委員会は設置されません。さらに、教育委員会は前述の事項に対して監督し、社会教育、学術、文化などに関する事務を管理し、執行する役割を担っています。

 

教育委員会が設立された歴史をさかのぼると、そこにはGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の存在があります。アメリカからの教育使節段が、1946年に来日した際に、日本における教育委員会の設置を勧告したのを受け、1948年に日本で教育委員会が設置されたからです。

 

それをきっかけに、これまで中央に集中していた教育の行政を地方分権とし、民主化や自主性確保の理念が取り入れられました。教育委員会では、教職員の研修なども行っています。政治的な影響を受けない中立的な立場で教育が行われるよう、教育委員会の指導・監視のもと教員の自由や独立性が保たれているのです。

 

今後、教員をめぐる汚職や倫理に欠いた事件の再発を防ぐために教育委員会の監督的な役割が期待されます。教育委員会においては人格的に尊敬され、高い教養を備えた教職員の育成に力を注ぐことが望まれます。