児童教育について

特別支援教育とは、様々な障害を抱えた幼児や児童生徒の自立や社会参加をサポートするために実施されている教育制度です。平成19年4月からは、学校教育法によってすべての学校で特別支援教育が実施できるようになりました。

 

特別支援教育を行う教室では、生徒一人一人の障害の度合いに合った教育的なニーズを十分に把握し、個々の力を引き出すべく、適切な指導をや支援を実施しています。

 

特別支援学級に通う生徒は大きく分けると、知的障害、情緒障害、そして身体的な障害を持っています。生徒によっては落ち着きのなさから普通学級に通うことが困難なため、特別支援学級に通う比較的軽度な障害を持った生徒もいます。

 

また、普通学級と特別支援学級に並行して通う生徒もいます。その場合には、曜日によって普通学級と特別支援学級のどちらかに通うことになります。

 

いずれにしても障害の内容は個人によって様々ですから、特別支援学級の生徒達には個別の丁寧がサポートが必須です。また、自閉症などの障害を抱えている生徒とのコミュニケーションは困難な場合もありますが、支援教室の先生の忍耐強いサポートによって丁寧な教育が実施されています。

 

教室で使われる教材も、生徒たちが楽しく勉強できるよう特別に配慮され、趣向を凝らした楽器や計算道具、背の低いホワイトボードなどが導入されています。

 

昨今、特別支援教室で教える教師の心のケアの必要性が認識されていたり、教師同士の横のつながりを求めてネットワークが構築されたりしています。特別支援教室の教師という仕事は、それだけ苦労の多い仕事のようですが、生徒の日々の成長を間近に感じることのできるやりがいの大きな仕事でもあります。